「カラダのキモチ(キャリアフリー版)」サービス利用規約

※「カラダのキモチ」は2021年4月30日をもちましてサービス終了いたします。詳しくは、こちらをご確認ください。
※サービス終了に関してのよくあるご質問はこちらをご確認ください。

本規約は、株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)が提供する「カラダのキモチ」および「カラダのキモチ baby」(以下、合わせて「本サービス」といいます)の提供条件等について定めたものです。お客様が本規約を承諾されない場合、本サービスの利用を申込むことはできません。
(定義)
第1条
本規約において使用する用語の定義は以下の各号に定めるとおりとします。なお、本規約に特段の定めがない用語の定義は、WM(わたしムーヴ)利用規約が定めるところに従うものとします。
(1) 本アプリ
Apple Inc. が提供するApp StoreまたはGoogle LLC が 提供するGoogle Playを通じてドコモが配信するiOS対応の機種またはAndroid OS対応の機種向けのアプリケーションソフトウェア「カラダのキモチ」および「カラダのキモチ baby」
(2) サービス利用契約
本規約に基づきお客様がドコモとの間で締結する本サービスの利用に関する契約
(3) 本会員
サービス利用契約を締結したお客様
(4) 見舞金
ドコモが定める条件に基づき、特定の疾病を理由として医療機関において受診または精密検査を行ったとして本会員がドコモに申告した場合に、ドコモが本規約の定めに従い本会員に支給する金員

(サービス概要)
第2条
1
本サービスは、ドコモが提供する「WM(わたしムーヴ)」(以下「わたしムーヴ」といいます)の会員に対して提供される、次に示すサービスです。
(1) 月経日や排卵日、基礎体温などの生体データ(以下「本件バイタルデータ」といいます)および体調やメモなどの記録(以下「体調データ」といいます)に基づく月経周期や排卵日などの予測ならびに健康の維持・改善に関するアドバイスの提供
(2) 妊娠中および出産後における、健康の維持・改善等に関するアドバイスの提供
(3) 見舞金の支給(見舞金の支給内容および支払い条件については第7条から第10条に定めるところによるものとします)
(4) その他ドコモが別に定める健康関連サービス
2
ドコモは、本会員等にあらかじめ通知することなく、本サービスの一部または全部を変更、追加または廃止(以下「変更等」と総称します)することができます。本サービスの変更等による損害について、ドコモは責任を負いません。

(申込条件)
第3条
本サービスのご利用にあたっては、事前にわたしムーヴへの会員登録をしていただく必要があります。お客様は、わたしムーヴへの会員登録後、本サービスの利用に係る会員登録の申込みを行うこととしてください。

(会員登録等)
第4条
1
お客様は、本規約およびWM(わたしムーヴ)利用規約にご承諾いただいたうえで、ドコモが別に定める方法に従い、本会員登録の申込をドコモに対し行います。
2
本アプリの画面上に表示される利用規約に同意する旨のチェックボックスにチェックを入れた状態で「新しいアカウントを作成する」または「アカウントをお持ちの方」を押下のうえで、本アプリが求める情報を登録後、本サービスの利用を開始した時点で、お客様とドコモとの間でサービス利用契約が成立し、その効力が生ずるものとします。
3
本会員は、ドコモの責に帰すべき事由による場合を除き、事由の如何を問わず、サービス利用契約の申込みを撤回することはできません。
4
本会員は、本サービス利用開始後すみやかに、ドコモが別に定める方法に従い、ドコモに対し、ドコモが別に定める必要事項を届け出ていただきます。
5
本アプリをアンインストールした場合であっても、本会員が別途わたしムーヴの退会手続を完了しない限り、わたしムーヴの会員登録およびサービス利用契約は継続します。

(ご利用料金)
第5条
1
本サービスは無料プランとプレミアムプランで構成されます。プレミアムプランの利用を希望される本会員は、プレミアムプランのご利用の対価(以下「ご利用料金」といいます)として、1サービス利用契約ごとに月額360円(消費税込)をお支払いいただく必要があります。
2
ドコモは、一定期間ご利用料金を割引または無料とするキャンペーンを実施することがあります。
3
ドコモは、本会員から一旦支払われたご利用料金を事由の如何にかかわらず返金いたしません。ただし、法令上必要な場合は、この限りではありません。
4
ご利用料金の支払方法等は、第6条に定めるとおりとします。
5
プレミアムプランを利用中の本会員(以下「プレミアム会員」といいます)は、本サービスの利用が停止または不能の場合も、本規約に基づくご利用料金の支払義務を免れることはできません。
6
本サービスを利用する際に発生する通信料、接続料等は、本会員の負担となります。本アプリの利用およびダウンロード(随時のアップデートを含みます)には、別途パケット通信料がかかります。

(決済・課金方法)
第6条
1
プレミアム会員は、第5条第1項に定める金額を、Apple Inc. またはGoogle LLC が App Store または Google Play において提供するアプリ内課金での自動更新による定期購読型課金の機能を利用して支払うものとし、プレミアム会員はこれを承諾するものとします。
2
プレミアム会員は、プレミアム会員がApple Inc. またはGoogle LLC (以下これらの請求・収納代行・課金を行う会社を総称して「決済サービス事業者」といいます)との間で別途契約する条件に従い、当該決済サービス事業者に対しご利用料金の支払いを行うものとします。プレミアム会員が決済サービス事業者との契約条件を遵守しない場合は、本サービスの利用をお断りさせていただく場合があります。
3
プレミアム会員がApp StoreまたはGoogle Playを通じて定期購読または定期購入の解約をしない限り、課金は継続します。解約を希望する場合、現在の定期購読期間または定期購入期間が終了する24時間前までに、解約を行ってください。なお、解約後も支払い済みの定期購読期間中または定期購入期間中は引き続きプレミアムプランをご利用いただけます。また、初回の定期購読期間中または定期購入期間中に解約した場合でも、ご利用料金の日割計算は行われません。
※本アプリをアンインストールしても定期購読または定期購入は解約されませんのでご注意ください。
4
プレミアム会員は、ご利用料金の支払いに関連して決済サービス事業者との間で生じた紛争を、自己の責任と費用において解決するものとし、ドコモに何等の迷惑をかけず、かつ損害を与えないものとします。また、ドコモは、かかる紛争に起因してプレミアム会員に生じる損害につき、一切の責任を負わないものとします。
5
プレミアム会員と決済サービス事業者との間の紛争に起因してドコモが損害を被った場合、当該プレミアム会員は、かかる損害をドコモの求めに応じて賠償するものとします。
6
本条に定める方法によりご利用料金の支払いを行ったプレミアム会員が、ドコモが提供するコンテンツ決済サービス「ドコモケータイ払い」を利用してドコモが別途定める『「カラダのキモチ」サービス利用規約』に基づく「カラダのキモチ」サービスのご利用の対価を支払うこととした場合、決済サービス事業者からの請求・収納に加え、ドコモからの請求・収納も行われるため、ご注意ください。なお、この場合、ドコモは自らに故意重過失があるときを除いて返金いたしません。

(見舞金の支給)
第7条
ドコモが第2条第1項第3号に基づき本会員に支給する見舞金の内容は以下のとおりです。なお、見舞金の支給を受けられる場合や見舞金をお支払できない場合、受診期限等、見舞金の支給条件の詳細については、「カラダのキモチ(キャリアフリー版)見舞金支給条件」の定めるところによるものとします。

(1)対象期間 プレミアムプラン申込日の翌日から30日を経過していることを条件とし、次のいずれかとします。
①プレミアムプラン申込日の翌日から30日を経過した時点から、第6条3項に定める定期購読または定期購入を解約した日(以下「定期購読等解約日」といいます)まで
②定期購読等解約日から起算して31日以内に再度プレミアムプランを申し込んだ時点から定期購読等解約日まで
(2)見舞金の内容 ドコモは、本会員において以下の各号に定める事由(以下「請求事由」といいます)が生じたことについて、本会員から第9条の申請対象期間中に見舞金の請求があった場合に、本会員に対し、以下の各号に定める見舞金をお支払いします。
(i) 女性疾病の疑いを理由とする医療機関への受診をお勧めする内容のメッセージ(以下「受診勧奨メッセージ」という)のうち、対象期間中に提供されるものを契機として、当該受診勧奨メッセージで疑いがあるとされている女性疾病に関して、プレミアム会員ご自身の意思でドコモ所定の期間内に医療機関を受診(初診に限ります)した場合
女性疾病見舞金:5千円
(ii) 前号に基づき医療機関を受診した際に、特定の疾患のおそれがあるとして精密検査が必要と診断され、当該診断に基づき、ドコモ所定の期間内に精密検査を受けた場合
要精密検査見舞金:3万円
(見舞金をお支払できない場合)
第8条
1
以下に該当する場合は見舞金をお支払いすることはできません。
(1) 見舞金の請求が、WM(わたしムーヴ)利用規約に定める禁止事項のいずれかに該当する場合
(2) 本会員が、見舞金を詐取する目的もしくは他人に見舞金を詐取させる目的で見舞金の請求に関し、虚偽の申告をした場合
(3) 過去に本規約への違反があり、見舞金の請求時においてなお当該違反が是正されていない場合
(4) 過去に同一名義のプレミアム会員に関する見舞金の請求内容に虚偽申告があったとドコモが判断した場合
2
前条にかかわらず、お支払期限を経過してもなお支払いただいていないご利用料金(同一の本会員名義の他のサービス利用契約にかかるご利用料金を含みます)があるときは、見舞金をお支払いできない場合があります。

(見舞金の請求方法)
第9条
1
プレミアム会員のみ見舞金の請求を行うことができます。
2
本会員が見舞金の支給を受けることを希望される場合は、本サービス内の所定のページにドコモが本サービスにおいて指定するご申告内容および必要書類の画像を入力していただきます。ドコモショップ等の実店舗、ドコモインフォメーションセンター、ドコモカスタマーサポートセンターでは請求いただけませんのでご注意ください。
3
前項に基づく見舞金の請求の申請は、それぞれ以下に定める期間(以下「申請対象期間」といいます)内にのみ行うことができます。ドコモは、本会員から受理したご申告内容または必要書類に不備等がある場合には、その再申告または再提出を求めることがありますが、これらの再申告または再提出も申請対象期間内に行っていただく必要があります。そのため、プレミアム会員は、審査完了までの期間を考慮のうえ、余裕をもった請求をしていただくこととしてください。なお、申請対象期間よりも第8条の対象期間が早く終了する場合は、第8条の対象期間の終了日をもって申請対象期間の終了日とします。
(1) 女性疾病見舞金
本サービスにおいて、請求事由の前提となるドコモからの受診勧奨メッセージが提供されてから120日以内
ただし、受診勧奨メッセージが2020年3月24日以前に配信された場合は、提供されてから210日以内とします。
(2) 要精密検査見舞金
本サービスにおいて、請求事由の前提となるドコモからの受診勧奨メッセージが提供 されてから120日以内
ただし、受診勧奨メッセージが2020年3月24日以前に配信された場合は、提供されてから365日以内とします。

(見舞金の支払い)
第10条
1
ドコモは、前条に基づき本会員から見舞金の請求を受けたときは、ご申告内容および提出いただいた必要書類を審査し、見舞金の支給対象に該当すると判断した場合には、見舞金を本会員に対しお支払いします。
2
プレミアム会員のみ見舞金の支給を受けることができます。
3
本会員は、本会員のドコモ口座またはドコモ口座の送金機能を通じて見舞金のお支払いを行うことをご承諾いただきます。
4
ドコモ口座に支払われた金額を他の銀行等に払い出す等の場合、ドコモ口座のご利用条件に基づく手数料をご負担いただきます。
5
本規約に別段の定めがある場合を除き、ドコモ口座のご利用方法等については、ドコモが別途定める契約約款およびspモードご利用規則(以下「ドコモ約款」といいます)に従うものとします。ドコモ口座のご利用にあたっては、利用制限、利用限度額、制約事項等、その他の提供条件について、ドコモ約款その他別途ドコモが定める基準に従っていただきます。

(利用環境の整備)
第11条
1
本サービスは、ドコモが別に指定する携帯電話端末によりご利用いただく必要があります。(機種によりご利用になれる機能が異なる場合があります。)また、本サービスでは、WM(わたしムーヴ)利用規約に定める「本サービス対応機器」(以下「本サービス対応機器」といいます)により送信・入力されるバイタルデータもご利用いただくことができます。
2
前項に定める携帯電話端末および本サービス対応機器、その他これらの機器を利用するためのソフトウェアおよび通信手段(以下「機器等」といいます)は、会員の責任と費用において準備するものとし、ドコモは、機器等の不具合等による本サービスの利用障害については、サポートを行わず、またはご利用料金の返還をいたしません。

(本会員の情報の利用)
第12条
1
ドコモは、見舞金の請求受付時に必要と判断した場合は、第9条第2項に定めるご申告内容および必要書類の確認などを目的とし、各種確認書類(ご購入時の領収書、本人確認書類等)の写しの提出を本会員に求める場合や、医療機関等に事実の確認をする場合があります。また、ドコモは、見舞金支給の運用を目的として、第三者機関に対して第9条第2項に定めるご申告内容および必要書類ならびに第10条第1項に定める審査に関する情報の一部を提供することがあります。
2
前項に定める他、ドコモは、本サービスの提供にあたり取得する本会員の個人情報(当該情報によりまたは他の情報と照合することにより、本会員本人を識別し得る情報、または本会員が医療機関を受診した事実、病状もしくは治療状況をいいます)をドコモが別途定める「NTTドコモ プライバシーポリシー」およびWM(わたしムーヴ)利用規約に従い取り扱います。
3
ドコモは、WM(わたしムーヴ)利用規約に定める他、基本情報(メールアドレス、性別、生年月日等)、身体情報(身長、体重等)、生活習慣に関する情報等、その他本会員自らが本サービスに登録した本会員情報および本件バイタルデータに基づき、健康および医療に関するドコモまたは提携企業等第三者の広告、サービス等に関する案内を送信または配信することがあります。

(本会員の責任)
第13条
1
本会員は、本サービスのログインに使用されるわたしムーヴのID・パスワード等のログイン情報を善良なる管理者の注意義務をもって第三者に知られないよう管理し、これを第三者に対して開示し、利用させ、又は貸与、譲渡、売買等してはならないものとします。
2
ドコモは、本サービスに関して認証がなされた場合、ドコモの故意または過失による場合を除き、当該認証が本会員以外の第三者によってなされた場合であっても、本会員によるものとみなします。
3
本会員は、本サービスを経由して、外部のWEBサイト、SNS、ブログ等のサービス(以下総称して「外部サービス」といいます)を利用する場合は、本サービスと当該外部サービスが別のサービスであることを認識し、当該外部サービス提供元の利用規約が適用されることをご承諾いただきます。当該外部サービス利用にあたって発生するトラブルや損害(間接的であると直接的であるとを問いません)について、ドコモは責任を負わないものとします。

(ドコモの責任)
第14条
本会員が本サービスの利用により被った損害について、ドコモの故意または重過失による場合を除き、債務不履行、不法行為その他法律上の責任を問わず、ドコモの損害賠償責任は、当該本会員に生じた直接の通常損害に限られるものとし、かつ、その損害賠償金額は、ご利用料金3か月分相当額を上限とします(本会員がプレミアム会員でない場合も、プレミアム会員であったと仮定して本条におけるご利用料金を計算します)。

(ドコモからのサービス利用契約の解除)
第15条
ドコモは、WM(わたしムーヴ)利用規約に定めるところによる他、本会員が以下のいずれかに該当した場合、催告することなく本会員とドコモとの間のサービス利用契約を解除することができるものとします。
(1) 第6条に定めるご利用料金その他本サービスにより生じた債務を、お支払期日を経過してもお支払いただけない場合
(2) 決済サービス事業者との間で締結した契約条件を遵守しない場合
(3) WM(わたしムーヴ)利用規約または本規約のいずれかに違反した場合
(4) WM(わたしムーヴ)利用規約または本規約に基づく変更の届出を怠る等の事由により、本会員のご連絡先が不明となり、ドコモから本会員に対するご連絡が不能になったとドコモが判断した場合
(5) その他本サービスのご利用状況が不適格であるとドコモが判断した場合

(サービス利用契約の終了)
第16条
1
本会員が以下に定める事項のいずれかに該当した時点をもって、本会員とドコモとの間のサービス利用契約は終了し、ドコモは本会員への本サービスの提供を終了します。
(1) わたしムーヴの退会手続を完了した場合
(2) 前条に基づきドコモが本会員との間のサービス利用契約を解除した場合
2
前項またはその他の理由によりサービス利用契約が終了した場合、終了時点をもって、本会員は本サービスの利用を直ちに終了するものとします。サービス利用契約の終了時点をもって、プレミアム会員である資格も終了するものとします。
3
サービス利用契約の終了により本会員等が損害を被った場合でも、ドコモは責任を負いません。

(本サービスの停止)
第17条
1
ドコモは、第19条に定める方法その他ドコモが適当と判断する方法により本会員に通知または周知することにより、本サービスの全部または一部の提供を一時的に停止することができるものとします。
2
ドコモは、本サービスの提供に関するシステム上の故障、天災地変その他やむを得ない事由により、本会員に事前に通知または周知することなく、一時的に本サービスの全部または一部の提供を停止する場合があります。

(本サービスの終了)
第18条
1
ドコモは、次条に定める方法その他ドコモが適当と判断する方法により事前に本会員に周知または通知することにより、本サービスの全部または一部の提供を終了することができるものとします。
2
前項によりドコモが本サービスの全部の提供を終了した時は、本会員とドコモとの間のサービス利用契約は自動的に終了します。

(本会員等に対するお知らせ等)
第19条
1
ドコモが本会員等に対して行う通知・周知等は、本サービス上の掲載、ドコモのホームページへの掲載、本サービスまたはドコモのその他のサービスにおいて登録されたメールアドレスへの送付その他ドコモが適当と判断する方法により行うことができるものとします。
2
前項に定める通知・周知等は、ドコモが通知・周知を発した時点で(掲載による場合は、ドコモが掲載した時点で)本会員等への通知・周知がなされたものとみなします。

(本規約の変更)
第20条
ドコモは、次の各号のいずれかに該当する場合は、前条第1項に定める方法その他ドコモが適当と判断する方法により本会員に対し公表または通知することで、本規約を変更することができるものとし、変更日以降は変更後の本規約が適用されるものとします。
(1) 本規約の変更が、本会員の一般の利益に適合するとき
(2) 本規約の変更が、サービス利用契約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

(反社会的勢力の排除)
第21条
1
本会員は下記のいずれかに該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
(1) 自ら(法人その他の団体にあっては、自らの役員を含みます)が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下総称して「暴力団員等」といいます)であること
(2) 本会員が法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(3) 本会員が法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(4) 自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって取引を行うなど、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(5) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(6) 本会員が法人その他の団体の場合にあっては、自らの役員または自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2
本会員は、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行わないことを保証するものとします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い、または威力を用いて、ドコモの信用を毀損し、またはドコモの業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為

(準拠法および裁判管轄)
第22条
1
本規約の効力・履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
2
本会員等とドコモとの間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所または当該本会員等の住所地の地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(存続条項)
第23条
本サービスの終了、わたしムーヴ会員の退会、本サービスの利用停止、またはわたしムーヴ会員登録の抹消後といえども、第2条第2項、第5条第3項、第6条、第11条第2項、第12条第2項第3項、第13条、第14条、第16条第2項第3項、第21条、第22条、本条及び第24条は、有効に存続するものとします。

(その他)
第24条
本規約に定めのない事項については、WM(わたしムーヴ)利用規約の各規定が適用されるものとします。

附則
本規約は、2020 年4月1日より効力を発するものとします。

以上

2016年10月3日 制定
2020年4月1日 最終改定

株式会社NTTドコモ